本文へ

地球に優しく、人を思いやる事業を推進します。

求人希望会社様へ

優秀なロシアの人材を御社で採用してみませんか。
VISHUがご希望のロシア人の採用を支援します。

VISHUの人材紹介プロセス

VISHUの人材紹介は企業からの依頼でスタートします。

VISHUの人材紹介サービスの特徴

柔軟で即応性の高い人材確保

専門性の高い就業希望外国人材を、インターネットやSNSを活用して常に募集して確保しているため、企業の求める人材を効率的、効果的に採用できます。

また提携した大学や日本語学校を通じて、求める人材を効率的に発掘しています。

初期費用は不要

成功報酬型人材紹介のため、採用が成功して初めて費用が発生します。大変効率的です。

万が一、採用した人材がすぐに退職してしまった場合、報酬の一部を返金させていただく契約もあります。

現地の教育機関と連携し、計画的に人材を採用される場合には委託教育などの制度も完備しています。

費用体系

人材紹介サービスは、募集スタート〜人選〜面接までの費用は無料となりますので、低リスクで効率的に欲しい人材を採用することが可能です。

成功報酬金額に関しては、決定した内定者の年収の最大35%をコンサルティングフィーとしてお支払いただきます※1

人材紹介サービス経由で入社された人材が早期に退職してしまった場合、コンサルティングフィーの一部を返金させていただきます。返金額は退職までの期間やご契約条件によって異なります※2

※1 年収とは基本給*14ヶ月(賞与2ヶ月分を含む)を基準とします
※2 具体的には採用時の契約内容によります

入国までの支援

人材が日本国外にいる場合

海外に人材がいる場合や、人材を海外から採用する場合には、採用が決定後に外国人を日本に入国できる手続きが必要となります。

まず、ご採用いただく企業様の方から最寄りの入国管理局に、採用人材の在留資格認定許可申請をする必要があります。

在留資格認定が許可されると許可書が採用企業の方に送られてきます。それを採用人材に郵送し、各国の日本大使館で査証(ビザ)を受け、入国が可能となります。

手続きは弊社で全面的にサポートいたします。

人材が日本国内にいる場合

採用する人材が就業のための在留資格を持っている場合、特に手続きは必要ありません(日本人の採用と変わりません)。

現在日本の学校に在学中の場合には、就学ビザから就業ビザへの変更手続きが必要となります。

採用人材が海外・国内いずれに在する場合でも、外国人の就業における手続きは弊社で全面サポートいたします。

必要書類

求人受入会社側では、人材の採用に際して、下記の資料を準備する必要がございます。

  • 会社の事業内容の分かる資料(パンフレット等)
  • 労働条件を明示する文書
  • 直近の年度の決算文書の写し
  • 登記事項証明書返信用封筒(定型封筒に宛先を明記の上、392円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの)

準備する資料は会社の規模により異なることがございますので、詳細については法務省のウェブサイト内「在留資格認定証明書交付申請」を必ずご確認ください。

実際に人材の採用が決定しましたら、以上の書類をご用意していただいた上で、VISHUにて在留資格許可認定申請書を準備し、それを求人会社が入国管理局に提出していただきます。

在留許可証が発行されれば、それを採用内定者に送り、採用内定者は日本大使館でビザ(査証)を発行してもらうことになります。

その後、入国受け入れ日を含めた入国スケジュールの調整、住民登録や在留カードの発行手続き、空港での出迎えから会社への送迎、日本での住居の斡旋、郵便貯金通帳の作成、ビジネスマナー教習など、VISHUがワンストップでサポートいたします。

ぜひお問い合わせください。